本日は、マクロミル社の主催による「マーケティングリサーチ基礎講座」を受講してきました。一般的にマーケティングは「セリングをなくすこと」や「売れる仕組みづくり」などと言われます。リサーチを組み合わせることで、「売れつづける仕組みづくり」という説明が印象的でした。なお、ブランドの立ち位置も同じく「売れつづけるための取り組み」と考えています。

開発中のツールであるブランド戦略アウトラインシートは、使いやすくするためのポイントは3つあると考えています。すなわち、①流れがシンプルで矛盾がなく理解しやすいこと、②想いから視覚化情報までが1枚で見える化されていること、③迅速にスタートでき、その後検証が可能なこと、です。 この③の課題をどう解決していくかを今後学びながら考えていきたいと思います。

講師はベテランのリサーチャーの方で、整理され、網羅された資料と落ち着いて丁寧な語り口でとても分かりやすいセミナーでした。もちろん、マクロミルの商品のセールスの側面も兼ねているのですが、ノウハウを提供することでサービスを販売する方法としても参考になりました。

新規顧客より既存顧客の重要性が高いことは周知のとおりです。すなわち、売れつづけるための仕組みがとても重要になります。ブランディングに加えて、マーケティングリサーチを効果的に組み合わせて、 中小企業や小規模企業がブランドという経営資源を獲得するために役立つツールにしていきたいと思います。