千葉県産業振興センターの推薦をいただき、弊社はミラサポに専門家登録をしています。派遣要請は、経営者の方々から直接お話を聞かせていただく貴重な機会であり、いつも緊張します。そこで度々感じるのは、事業に掛ける想いは強いけれど、その表現が巧くできない、という方が多いことです。

表現は、お客様とのコミュニケーションのための重要なアクションです。弊社はデザインというテクニックを有することが多少の強みでもあるため、その想いの見える化のために派遣されます。そこで現在、自社ツールとして想いを見える化するためのシートの開発に取り組んでおります。如何なる想いを、誰と共有するために、どのような表現が相応しいのか、これを1枚でまとめます。

まだまだ開発中なので、どんどん変わっていく予定です

前回のブログでも書きましたが、狭義のデザインに堕すると、コミュニケーションツールにならないだけでなく、一貫性が損なわれるため、ブランドはマイナスに働きます(ブランドにはプラスとマイナスの概念があります)。経営理念や差別化など事業における本質的な要素をいわば広義のデザインで捉えることで、ブレの無い、一貫した表現が可能になるのです。

なお、ミラサポ派遣は、事業者さんの金銭的な負担はなく弊社が相談に伺うことが可能です(回数に限りはあります )。よろず支援拠点や商工会・商工会議所などから派遣要請をいただければ、お伺いします。